感動ものの痩身エステ

感動ものの痩身エステ

身長が167cmに対して、最大で太った時には76キロ、ウエストは89cm、腰回りは1mを超えました。

 

さすがにここまでくると洋服で体をカバーして目立たなくすることなど、はっきり言って無理でした。
正座をすると両足の太ももがパンパンにくっついて、まるで巨大なボンレスハムを二本並べたかのようです。
ウエスト周りも当然だぶついて段ができていますので、ブラジャーをすれば食い込み、ガードルを履けばそこも食い込むといった状態でした。
また、首がなくなり、逆に顎がだぶだぶと二重になっていて、顔にもしっかり肉がつき、以前よりも丸くなりました。
もともと面長の顔立ちが嫌いだったとはいうものの、脂肪がついて丸くなり、二重あごで膨らんで見えるのは、違う意味で嫌なものです。

 

そのため、テレビや雑誌で紹介されるさまざまなダイエットに取り組みましたが、どれも一時的に、そしてほんのわずかな効果が出るだけで、劇的に体重が減るということはありません。

 

あるとき、急激に体重を落とすと引っ張られていた皮膚が垂れ下がってしまうと知り、その解決は手術をして余分な皮膚を切り取り、つなぎ合わせるしかないと知り、恐怖感すら感じました。

 

これが、エステで痩身コースを受ける決心をさせてくれるきっかけになったのです。
実際に行ってみると、ハンドマッサージによる揉みだしや、機械を使っての脂肪へのアタックなどで、皮膚が垂れ下がることもなくぐんぐん痩せていくのには驚きでした。
生まれかわった自分を見て、エステの痩身ってすごいと感動しきりだったのです。